· 

負のカルマを自らで生成する人からは離れよう

負のカルマを自らで生成し続けると、

 

現実の世界ではいわゆる不幸が繰り返されます。

 

ただそれだけのこと。

 

 

 

風ですから、

 

”重い”と運ばれませんから、時代に合わないということ。

 

”重い”から風に乗れない、導かれないのです。

 

 

 

しかし、

 

・・・・・・・・気づけない。

 

 

自分の居心地を悪くしているのは自分。

 

自分発信だとわかると、居心地の悪さはなくなります。

 

要するに、謙虚さを忘れている時なのです。

 

 

例えば、

 

負のカルマにも色々ありますが、

 

自らでそれらを生み出す行為を続けていると、

 

最後は心がすさみ、孤独感を味わうでしょう。

 

 

自ら不幸の道へ不運の道へ、闇へ闇へと入っていって、

 

気づけば迷路の中。

 

出口を探そうにも見つからない、蟻地獄のようにもがけばもがくほど空回りして足がつかない状態。

 

今こういう人が増えてますが、悪魔と繋がってるからです。

 

光を嫌う為、セルフヒーリングやワーク全般を避けるようになります。

なぜなら、眩しくて光に近づけず、同化もできないからです。

 

わかりやすい表現でいえば、心が狭く、心を閉ざした状態です。

 

これでは誰も近づけないです。

 

 

社会でKYとか柔軟性がないと、厄介な人扱いとか邪険にされますよね。

 

こうなったらおしまいです。

 

 

これじゃ日本は、いつまでたっても真の神國にはなりません。

 

独りよがりなスピリチュアルをやっていると、

 

人とのコミュニケーションが図れず、幻想を優先します

 

それに、

 

いつまでも抵抗したり、ふてくされてる人に手を差し伸べるほど、皆お人好しじゃないし、そんなに暇じゃないですよ。

 

楽しい気分になれる人たちと一緒にいたほう絶対いいですよね。

 

 

だから、あなたが助けたい人を助ければいいと思います。

 

助けたくない人を無理に助ける必要はありません。

 

なぜなら、

 

相手も潜在的には助けてほしいと思ってないかもしれないからです。

 

ここはよく洞察しなくてはなりません。

 

今は多様化の時代、同時に選べる時代です。

 

捨てる神あれば拾う神あり。

 

 

負のカルマを日々自らで作り出し、

すべてに中途半端だから何一つ満足な結果が出ない、

だから虚勢を張って生きる、

 

このような陽の目を浴びない独りよがりな生き方では、

 

あまりにも痛いではないですか。

 

 

優秀なヒーラーやティーチャー、マスターを目指す人は、

 

傷の舐めあいではなく、エゴではなく本質を伝え、確実にクライアントが望む結果を出せるよう導くことが課題です。

 

偽物は純度が低く、本物は純度が高い。

 

言い換えると、

 

偽物は密度が荒く粗悪、周波数が低い=低波動、低次元

本物は密度が細かく繊細、周波数が高い=高波動、高次元

 

メッキと18金と同じで、

 

時間の経過と共にやがて真実は顕現します。

 

今はその結果が高速です。

 

 

風に吹かれる度に翻弄する人生を生きるのか、

 

風に吹かれる度にスイスイと繁栄成就の愛と歓喜が押し寄せる人生を生きるのか、

 

 

自分の商品を提供する側になった時、

 

闇を持ったまま変わろうとしない人がいたら、

 

静かに離れてあげましょう。

 

 

悪縁・因縁は自らの意志で破壊しないかぎり、

 

新しい関係も生まれません。

 

この地球は、いつもそうして神様が一掃してきました。

 

 

破壊と再生から新生が誕生し、真正となります。

 

それは、結果的に関わる人すべてに幸をもたらします。

 

皆様にたくさん幸福と繁栄と安らぎがありますように♡

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制