· 

結局やる人しか導かれない

結局動く人、やる人、チャレンジする人しか道は開かれません

 

良いことが来ないかと待ちの姿勢でいると、

 

チャンスをチャンスだと認識はできないし、

 

チャンスを活かすこともできません。

 

 

労力を使わないのですから、

 

それなりのことしか受け取らないわけですが、

 

そこに気づけない人が多過ぎる。

 

 

この原因は、意識が乗っ取られているからで、

 

理性的に考えられない、幻想を持っているからです。

 

 

今のありのままの現状、

 

事実を事実として認めない人が多すぎるのです。

 

逃げ道としてスピリチュアルを使っている人間の特徴です。

 

こういう人間は何一つ具現化させることができないし、

 

口先ばかりで何一つ達成もしません。

 

具現化させた体験、達成したことが少ないからすべてに脆弱。

 

プロセスを楽しめないので、地球では悪循環の生き方になるでしょう。

 

 

わざわざスピリチュアルに置き換えなくても、

 

普通に考えれば判断出来ることも多いのが地球。

 

 

痛みを痛みと認めない頑固な人間になっていくわけですが。

 

では、なぜ気づけないのか?

 

自分以外の意識体が入っているからです。

 

 

これからの時代、益々二極化は進みますが、

 

この二極化を左右する重要な要素は、

 

自分のガイドが高次のガイドか、

 

低次のガイドかにつきます。

 

こうも言えます、

 

自分の中の神に気づけたかどうか。

 

 

高次と繋がっていると必然的に気づきます。

 

気づいたことは日常で活かします。

 

それは独りよがりな幻想ではなく、

 

地に足のついた形で具現化し、抗いようのない事実となります。

 

 

ですので、

 

気づけないことは、痛いことなのです。

 

それほど意識の攪乱と、意識の乗っ取りが横行しているのが今の世界。

 

ここを知らない、あるいは疑う人間はまんまとそうなっています。

 

だから、いつまでも気づけないわけです。

 

 

サイキック能力は誰にでも備わっていますが、

 

変な意識と繋がったらおしまいです。

 

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制