· 

1日も早く思い出すと幸せ三昧

殺〇ベッド。

 

こういうものを公に晒すことはこれまでなかった日本ですが、

アメリカでFCC真実法が施行されて、

日本でも10月1日から開示が始まったといわれ、

今までのニュースでは絶対言わなかったようなことを何気に言ってたり、出したりしてきています。

 

下記のニュースでは、

被害者の遺族の声として『正義が勝とうとしている』とアナウンサーは言いました。

 

というか、台本で言わされています。

 

これも光側の采配なのでしょう。

 

 

 

自分の生き方に必要なものと不要なもの、

 

1人1人が棚卸をする時期です。

 

 

真実ではない何か、

不毛な何か、

 

いつまでも関わったところで目は出ません。

 

 

神の計画と合致していることであれば、

必ずサインがくるし、

遅かれ早かれ導かれ、

手応えがあるし、

必ず前進するようになっています。

 

 

途中頓挫することがあっても、なぜか悲しくないとか、

その間もサインがきます。

 

思うように進まない場合でも、必ずサインがあるのです。

 

 

ですから、我々は常に第6、第7チャクラに

アンテナを立てていればいいのです。

 

 

物でも人でも経験でも何でも、

自分の元から離す(話す)時がきます。

 

その時は相手に伝えられなくても、

心の中で感謝の気持ちを添えて手放すことです。

 

 

相手の幸せや繁栄を願い手放すことで、

結果的に双方の幸せに繋がります。

 

 

神は我々を悲しませようとしているわけではないし、

悪いようにはしません。

 

厳しい環境で育った者ほど客観性や洞察力、経験も養われます。

 

価値ある自分を必要とする領域で各々が活躍すればいいのです。

 

 

 

1日も早く、一刻も早く自分を思い出すしかありません。

 

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制