· 

自信はつけるものではなく培うもの

サロンや外出先で接した人がよく言ってること、

 

自信がない。

 

 

これも長年の洗脳教育でできた思考です。

 

自信がないと言ってる人のほとんどが、

自信をつけてから何かをしようとする素人で、

やりながら学んでいく人は玄人になります。

 

私は自分の教室の受講者達には言ってますが、

実は同じことを始めても、

スタートから、中間地点、その先も、

人は自分の方向性を自分で決めているのです。

 

 

自信をつけてから何かをやる、

 

それはいつだろう??って感じ。

 

じじばばになってからじゃ遅くないかい?笑

 

 

実は、悪魔が得意とすることの1つに、

口先ばかりで実行しない先延ばしにするというのがあります。

 

こういう受講者は、入学時と卒業時圧倒的な変化はなく卒業していくし、

半年学ぼうが、1年学ぼうが、先生が変わろうが、ツールが変わろうが、

絶対に進化しないのです。

 

 

なぜなら、悪魔と契約してるからです。

 

 

だから、全部小手先で、メッキで、地に足がついてない。

 

頭でっかちだから頑固だし。

 

 

やらない人ほど言い訳と先延ばしにするし

行動や経験から一切学ぼうとはしない、活かせない怠け者なのです。

 

反対に、

 

やる人ほど言う前に実行して試行錯誤を繰り返して結果を出し、

いつのまにか進化・変容・繁栄しています。

 

 

ですので、

 

実行力がなくて経験不足なのですから、自信がないのは当然なのです。

 

 

自信はつけるものではなく、培うもの。

 

培う=時間をかけて育てること、経験を積むこと。

 

 

魂の進化に挑戦し続ける人しかそうはならない。

 

そうして生きてると、

あれよあれよと今の時代は繁栄して成功もするようになってます。

 

 

良い結果だけ欲しがる人は、

 

挑戦とか失敗することを自分に許可していない人なんです

 

培ってきたものがないのですから当然でしょう。

 

だから、全部自分以外の外側から取ってつけた何かで補おうとします。

 

 

それ以下になることはあっても、それ以上には絶対ならないのです。

 

 

ですので、地獄に落ちるほどの失敗をすればいいのです(笑)

 

こういう人しか繁栄も何もありません。

 

地獄に落ちてないから中途半端なのです。

 

 

完全なる洗脳&脳乗っ取られ&魂を抜かれた人間は、

本気で自分を取り戻して何不自由なく生きたいなら、

 

荒療治しかないのです。

 

破壊と創生しかないんですよ。

 

そこをきれいにまとめようとする人が多すぎるのです。

 

 

完全なる洗脳&、脳乗っ取られ&、魂を抜かれた人間、ですよ?

 

救いようがない状態だとわかりますよね。

 

 

しかも、昨日今日の洗脳じゃないのです。

 

何代にも渡ってそれが当たり前だったのですから無理もないでしょう。

 

日本人独特の気質によって出来上がった思考形態であり、

 

右へならえでパーソナリティも抜かれました。

 

 

準備に時間をかけることも人生には必要なこともあるんでしょうけど、

 

毎度毎度それやってたらチャンスも運も廻ってきませんよ。

 

歳とって終了。

 

そうやって未練や後悔が残った御魂は、この世に残って未浄化霊に成り下がるのです。

 

 

準備に時間をかける=逃避になってないかよく考えることです。

 

 

私がサロンを10年以上やってきて、

そういう考えで成功した人を見たことないし、聞いたこともないです。

 

そういう人はそういう生き方をすればいいわけで、

 

自分以外の高尚な何者かになる必要はないのです。

 

 

それよりも時間をかけて自分をよくよく教育し直して、

 

自分の本質をよく知ることです。

 

それは知識を詰め込んで理解する勉強方法ではなく、

 

知識を全部捨てた霊的覚醒と叡智を知恵にする生き方です。

  

 

下記は、出雲滞在時のホテルのロビーに飾ってあった出雲神楽衣装布地です。

ヤマタノオロチのストーリーにインスパイアされたもののようで、

色使いとか刺繍が見事でした。

 

こういう衣装を着て舞を舞ったらかっこいいんでしょうね。

 

日本の伝統工芸とかなくならないでほしい。

 

和紙とか、気の遠くなるような工程で丹精込めて出来上がってました。

 

お雛様作りの工程を見れるのも今の時代ですね。

 

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制