· 

対症療法では気づけない

すべての不運、不幸、不調には原因があります。

 

人間関係に問題が出る人ほど、

 

同じ問題を繰り返す人ほど、

 

健康面に害が出る人ほど、

 

カルマが重い人ほど、

 

邪気まみれの人ほど、

 

貴重な機会を活かせない人ほど、

 

 

場当たり的対応をしていて、

 

インスタントに自分都合の結果を欲しがる。

 

自己周波数が低いから全般ツイてないわけです。

 

そういう人ほど、楽に、高すぎる結果を、最速で欲しがる。

 

時代が変わったところで、

 

自分がどこにいても、誰といても、何をしていても、

 

自分のブロックは変わらない。

 

 

例えば、ガンで考えてみる。

 

世の中には、ガンになる人と、ならない人がいて、

 

その中でも、助かる人と、亡くなる人がいる。

 

その中でも、長期間生きる人と、短期間で亡くなる人がいる。

 

 

しかし、

 

共通していることは、引き寄せたのは、あくまでも自分であること。

 

食生活に問題があろうが、

 

生活習慣だろうが、

 

万に一つ医師の誤診だったとしても、

 

それを引き寄せたのは、自分。

 

誰でもなく、自分。

 

そこから何を悔い改めるのか?

 

ここに挑戦する人はすべてが軽減し、最終的に反転する。

 

 

最初から最後までガンを排除しようとする意識の人ほど、

 

ガンを作った原因には目を向けないし、認めたがらない。

 

だから、再発するリスクも高くなる。

 

カルマが終わっていない場合、

 

ガンが再発しなくても、別の病気を引き寄せやすくなる。

 

別の病気を引き寄せても、気づかない、気づこうとしない人もいる。

 

『これすべて傲慢なり』

 

と天之御中主神が言いました。

 

ブロックも同じ。

 

霊性が低いと、目に見えない世界を無視した生き方になる為、

 

現象界では害のあること、低次ばかりを選ぶようになる。

 

 

=怠慢、傲慢、慢心、過信

 

 

自分の体の調子がわからない時点で、自分の体とは繋がっていないということ。

 

学ぼうとしないからネガティブが付いてくる、

 

ただそれだけのこと。

 

 

外に答えを求め、聞き歩き、探し回っている時点で人は進化しない。

 

必ず同じことを繰り返します。

 

同じことを繰り返すのは、それを大したことだと思ってなくて、

他力本願で責任逃れして生きているから。

 

 

 

”傲慢さ”があると、

 

いつまでも次元上昇はしないし、覚醒もしない。

 

=自分が望む人生にはならない。

 

 

自分が特別であること、

 

自分が正しいという思い込みを捨てる人しか、

 

成長も進化もないのです。

 

 

神はあらゆることを個々に授けますが、

 

人に甘えてばかりで自立(自律)しようとしない人を使いません。

 

準備ができた人は神に呼ばれるだけでなく、

 

神(現象)が具現化します。

 

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制