· 

日本はいずれ存在しなくなる

 

影響力のある人が言ってしまいました。

 

知らないのは危機感のない日本人だけ。

 

自力を使わず、毎度誰かに助けてもらおうとする人は論外です。

 

そういう事態にならないと気づけないでは、

 

被害も犠牲も大きくなります。

 

そもそも日本は”ない”のですから。

 

 

誰が真実を語っているか?

 

悪魔に魂を抜かれ、どっぷり低次意識で危機感なく生きている自分に甘い自立できない日本人。

 

すべては魂が未熟だから地球に転生しており、

奉仕、貢献、学びに来ていることを忘れると人生転落。

 

実体のないフワフワした妄想と戯言で人生は変わらないし、

 

次元も変わらないし、当然覚醒もしない。

 

=望む人生にはならないということ。

 

 

いつまでも誰かに依存して生きてる日本人は多く、

 

こういう人は真の自分に再会することはありません

 

 

あるようで実は何もない。

 

どこで気づけるか?

 

危機感から目を逸らさせている”何か”に気づいた人から神次元。

 

見極められないなら、

徹底して修練し自分の枠を壊すことです。

 

結局のところ、

 

日々修練し自己周波数を高めてきた人にとっては、

いかようにも対応が可能な時代。

 

私の教室で学んでいる受講生や卒業生たちからは、

私の講座を受講したことで人生が大逆転し、

 

あの時本当に受講して良かったと、毎日のようにご報告が届きます。

 

忠実に真理を伝えているからです。

 

私が話したことをすぐ実践した人は、すぐ良くなるようになっています。

 

なぜなら、

 

私はその目的で地球に来ており、ただ研鑽を積んでいるからです。

 

これは当たり前のことで、いちいち言うことでもないのですが。

 

 

自分の人生も見極められないうちは、

かなり低次元を生きていると認識すべきです、

 

この国の未来のためにも。

 

依存心があるから横着怠慢になり、やれることも人任せにする、

やってもらうのが当たり前になっている日本社会。

 

赤ちゃん返りするのは、そもそも心に闇があるから。

 

 

この国は、動けない高齢者を増やす仕組みを作ってきました。

 

何十年も前から着々と進めてきたのです。

 

策略どおりに。

 

そして、そのとおりに日本人は働かなくなり、動かなくなり、無能化されています。

 

高齢者を支えているのは身内だけでなく、国民です。

 

働けるのに働こうとしない人の生活を支えているのも、国民です。

 

健常者が一生懸命働いたお給料から一生天引きされるシステム。

 

 

だから、日本人の意識の中には、

『働かなくてもお金をもらって当然』『人にやってもらって当たり前』と依存心が根付いています。

 

 

年齢を重ねたところで、子どもが子どもを育てている光景をよく見るし、

 

子どもが授からないことには、それ相応の原因も隠されています。

 

覚醒してないと渡っていけない時代。

 

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制