· 

霊性が底辺に沈んだ国

こないだも飛行機内で赤ちゃんの面倒を見れない母親がいました。

 

母親の母親=祖母もいるのに何もしない、見てるだけ。

 

赤ん坊は常に金切り声で、何回も何回も長時間に渡って泣く。

 

泣き方が、小さい子特有の中耳炎とか鼓膜云々ではなく、

きっと何かの病気なんだと思う

 

 

赤ちゃんなんだから、公共の場で他人に迷惑をかけるのは当たり前という親の傲慢さが目立ち、

 

傲慢だから誰も助けなくなる。

 

全員が無視するし、全員が関わりたくないし、迷惑呆れ顔で空気も悪くなる。

 

CAさんも顔引きつっての対応。

 

他のCAは知らぬ存ぜぬ、1人のCAに任せてこちらに近寄ろうとしない。

 

 

祖母と言っても60そこそこ。

 

自分の娘に無関心、自分の孫にも無関心、娘に何かアドバイスをするわけでもなく、自分から手伝うわけでもなく、ただボケ~っとしてるだけ。

 

魂が抜かれると髪(神)も抜かれるので頭が禿げる。

 

 

こういう親を選んでくる我の強い娘と、

 

その上をいく我の強い赤ん坊(笑)

 

社会に出て苦労するんだろうね。

 

 

欧米や北欧に住んでいた友人が言っていたのが、

 

日本人は親が幼稚だから子どもを甘やかして育てる、外国は子どもを自立させることがメインで育てると。

 

赤ちゃんの時から自分の部屋を持ち、夫婦の部屋とは別なのが当たり前で、

 

泣き出してもすぐには行かず、泣き終わるまで行かないとか。

 

日本のような猫可愛がりはしない。

 

そうして幼児になった子供は、赤ん坊の時から社会性を学んでいる為、母親の会社に連れて行っても誰かに迷惑をかけることなく、静かに一人で遊んでいるそうです。

 

こういう子は、他人が可愛がってくれるんだよね。

 

子どもに同じ目線でコミュニケーションを取ると、

初対面でも心を開いて話をしてくれます。

 

 

社会性、自主性、自立性、自分の意見も伝えるコミュニケーションを早くから学んだ子どもは、どこに行っても必要とされるし、社会で立派に活躍すると思います。

 

しかし、

 

日本の高校生は、ピンポンダッシュレベル(笑)

 

ピンポンダッシュがニュースで扱われるのが平和な象徴なのか?

 

家庭環境に不満がある人間は、必ず他人の家に迷惑をかけます。

 

 

自分がやったことは、そっくりそのまま返ってくるのがこの地球。

 

しかも、マイナスなこと、ネガティブなことは肥大増幅して返ってくるのがこの地球。

 

 

高校生だったら、

 

今別のことやっとけば将来FIREで生きられるのにね。

 

ダサい。

 

守護霊が低級だとめちゃくちゃです。

 

奴隷国である認識を持って自立/自律する人じゃないと難しい。

 

大人になってからやろうとすると、

 

固定観念ガチガチだとぜったい変われないし。

 

自立と自己責任を謙虚に学ぶことです。

 

 

 

この炎天下で箱詰めにされた猫

 

言葉が見つからない

 

乗っ取られた人間は自分を自制できない

 

理解不能

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制