· 

神の使い

ほぼ毎日わいせつニュースがあります。

 

40代で無職。

 

家族が気の毒です。

 

自分の心身をコントロールできない人は、これからも増えます。

 

食も、環境も、意識も、体も、

 

重いと上がれません。

 

 

一方、

 

神の使いが東京の穴澤天神社付近に現れたそうです。

※Wikipediaから抜粋 

 

主祭神

少彦名命

現在の主祭神は少彦名命となっているが、これには異論もあり、本来は少彦名命ではなくこの地の土地神(穴澤神)を祀っていたのではないかとも考えられている

 

相殿神

管神(菅原道真)

元禄7年(1694年)に天満神社の祭神を合祀

大己貴命[1]

大正7年(1918年)に国安神社の祭神を合祀

 

境内社

稲荷社

神明神社

山王神社

辨天社

 

江戸時代までは、洞窟入口に大黒天や毘沙門天等の仏像が安置されていたが、明治4年(1871年)に旧別当寺「威光寺」へ遷された。

現在は、左側の洞窟に石祠が残されている。

 

 

白いカラスは、5月にも群馬の高崎で目撃されていたようです。

 

同じかな。

 

 

神の使いが東京に来たのは、

 

古くてネガティブなエネルギーが一掃されて、

 

新しい時代のエネルギーに切り替わったということ。

 

 

自分の固定観念を手放し、制限なく、

 

自由気ままに、自分を生きること、

 

合わない人、合わないパートナーシップ、

 

合わない仕事、合わない職場・家庭環境、

 

関わることで迷惑をかけられてきた人、

 

関わることで自分が犠牲になってきた人、

 

関わることで停滞を招いたり、

 

ネガティブ因子を根幹から手放し、浄化することを促しています。

 

奇跡や魔法を起こせる自分を思い出すことが責務であり急務です。

 

 

2022年は、パートナーシップや、

自分がいる環境を整えることも重要なテーマです。

 

 

慣れ親しんだネガティブな人間関係は潔く終わらせましょう。

 

自分に否定的に接してくる人に気を遣う必要はなく、

 

関係を続ける必要はない、

 

自分だけが目を瞑って我慢はしない、

 

自分だけが誰かのために犠牲的に何かをしたり、

 

自分だけが代償を負わないこと。

 

 

もうそんなことはしなくていいのです。

 

 

これまで熱心に人と向き合い、

難しい局面をいくつも乗り越えてきた人、

 

いまだに窮屈なやりにくい職場環境に不平不満を持ち、

 

不調や病気を患わないとわからない人、

 

こういう人は自分の身を持って体験しないとわからない人なので、

 

同じことをくりかえし、最後は病床で気づきます。

 

光の言うことを聞かない悪霊憑依があると気づけません。

 

自分からネガティブを認め解放しないと無理なのです。

 

 

全面的に変えれば完全に生まれ変わります。

 

つまんない世間体や体裁を考えず、

 

自分のやりたいように生きましょう!

 

 

心の闇に気づいたら即手放し、

 

執着、依存、支配を捨てましょう。

 

 

変わったつもりで、望ましい結果や現実に変化が起こらず、

 

実績に乏しいのは、

 

本質を理解していないからです。

 

 

ここから先はさらに篩にかけられます。

 

自分が関わる人は注意深く選んでください。

 

選ぶ側も、提供する側も。

 

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制