· 

罪悪感の根源

お席あります!

 

富士山の麓⛩浅間大社で祈祷&ワークショップ🗻

 

ギャラクティックファミリーと集う教えたくない聖なる森と社へオリオン&北斗七星ブループリントアクティベーションオフ会 in 富士宮

 

ニニギさんも、コノハナさんも、大山祇さんも、饒速日さんも、

イエスさんも、マリアさんも皆待ってますよ~

またすごいんじゃないの

 

🗻🗻🗻🗻🗻🗻🗻🗻🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

 

 

罪の意識を引きずって生きる人の多くが、

 

罪の意識と同時に実は怠慢気質です。

 

なぜかというと、

 

過去に体験した何かを執拗に氣にしている時点で、過去に執着しているということ、

 

=今を、これからを見据えて生きていないということ。

 

  

”赦さない”という強情さは、

 

自らにそう呪縛をかけるだけでいいので楽なのです。

 

 

その体験を反省する人は、状況も環境も一変して変容します。

 

いつまでも執着・依存するのではなく、今の自分ができることを探したり、逆にその経験を社会で活かしたり、本質的なテコ入れを試みたり、

 

自分の魂を進化させるでしょう。

 

 

なので、

 

人を恨んだり、人を赦さない人は、それだけを考えていればいいので楽なのです。

 

新たな努力も、忍耐も、試練もしなくていいのですから。

 

 

しかし、

 

執着、依存、中毒、支配の担当は悪魔です。

 

悪魔領域の闇次元に身を置いていると言えます。

 

だから、ネガティブ思考の人というのは、

 

何もかもから責任逃れして生きていたり、過剰に受け止めていたりと、

 

本人が客観視ができていないのです。

 

 

闇次元だと暗いので、暗いと見えないじゃないですか。

 

だから氣づかないんです。

 

感度も鈍く、スピードも遅くて、何もかも重くなってきます。

 

体重もです。

 

 

精神性を高めたり、人生をより良く生きようとする目覚めた人は、

 

その経験から何を得て、あるいは何を学ばせてもらっているのか、

 

現在の自分が生かされていることをよくよく考えればわかります。

 

すべてを体得しに地球という場所で”生かされている”ことを忘れてはいけません。

 

 

ですので、

 

罪の意識、罪悪感というのは漠然としたものではなく、

 

誰かを赦さないことによる負い目だったり、

 

自分が怠慢に生きていることに無意識に罪悪感を持っているかもしれないのです。

 

何かの出来事が、長い年月を生きる中で変化して当初とは別の何かに置き換わっていることは多々あります。

 

なので、人の思い込みを解除するには裏にあるものを見ていく必要があります。

 

 

神の産物である我々人は、

 

マイナスとプラスの極性を持ち、

 

それはブラックホールとホワイトホールの働きを全身で体現しています。

 

人体は、上で吸収したものが下から排出されますが、

 

マイナスを体験したなら、その先はプラスしかないのです。

 

それが宇宙の摂理。

 

誰にでも働くこの世界の法則なのです。

 

 

誰かのことが赦せないことによる罪悪感なのか、

 

怠慢で生きている自分に対する罪悪感なのか、

 

罪悪感の根源は、

 

ゆるしていないことによる機能低下といえます。

 

 

自分がなにもかもゆるせば、神が最上最高最善最良を与えますから、

 

我々はどうであれ、それを感謝して受け取り、

 

自分の生き様で返すだけなのです。

 

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制