店主のささやき

2017年

10月

17日

魔法の1日

最近個人セッションでお越しになったYさんからいただきました~♪

 

Yさん、お心遣いをありがとうございます♡

 

みなさんにもよろしくお伝えくださいね♪

 

 

というか、もう10月も半分終わりましたよ。

 

ビックリですね~~

 

2017年も残すところ、あとわずかです。

 

収穫の時期が終わると、2017年もいよいよ大詰めです。

 

格差もさらに広がりを見せます。

 

スピリチュアルなことや宇宙は、人々の関心を集める話題となって来年も私たちの生活にさらに身近になって、密着してくるようになるでしょう。

 

 

引き寄せやカルマ、過去世、自分の現世での目的や役割を知りたいと願う人の数もどんどん増えてきて、覚醒と進化を目指すようになります。

 

 

スピリチュアルな覚醒を望む人の数は、来年も右肩上がりに上昇を続けます。

 

 

 

今朝思いついて、行きつけの美容室に連絡しました。

予想どおり、担当の美容師の方が今すぐOKとのことで、すぐに向い、これから寒くなるというのにショートヘアにしてきました。

 

私の髪を切ってくれる美容師の方(女性)と、シャンプーをしてくださる方はいつも別々の方なのですが、今日はシャンプーをしてくださった方(男性)が初対面で、シャンプー時に『自分は言うの恥ずかしいんですけど、”魔法”とかおまじないみたいなこと、けっこう好きで信じるほうなんです』と言われ、占いなどの話で盛り上がりました。

 

 

シャンプーが終わり、いつもの担当の方が出てきてカットが始まると、広い店内なのでさっきのシャンプー時の会話は聞こえていないはずなのですが『この商品ほんと魔法なんですよね♡』と、また”魔法”というキーワードを言うではないですか。

 

そういう私はといえば、昨晩ちょうど魔法に関することをやっていたのです(笑)

 

みんな繋がってるな~と楽しい気分になりましたね。

 

ハロウィンも近いせいか、10月のこの時期は、街中の装飾やメディアの影響もあって、”魔法”という言葉が人々の意識下に残っていたり、琴線に触れる時期なのかもしれません。

 

そして帰宅してメールをチェックすると魔法はまだ続いていました。

 

 

10年近く通っている美容室ですが、今までスピリチュアルの世界に興味を全く示さなかった担当の美容師さんに、日本の神様や引き寄せ等について今日は自然に話すタイミングができ、実は神社に強制的に連れて行かれたことがある等の話を聞くことになり、新たな視点で神社に興味を示している姿は見て嬉しかったですね。

 

 

自分がポジティブを与える発信機になると、他者へも喜びが連鎖、増幅していきます。

 

人々を経由して、また自分のところへ喜びが戻ってきた時、

 

心から感謝の気持ちと愛とは何かを知るでしょう。

 

いつでも自分発信の人になりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

10月

13日

ありのまま

光と闇は表裏一体。

 

光が拡大すると、闇も拡大する。

 

光が拡大を続けると、闇も拡大するが、やがて溶かされ光になる。

 

地なるもの天にあるがごとし。

 

一なるもの、すべてなるもの

 

 

 

地上では二極化が進み、今後も明確な形で目にするでしょう

 

自分がその日関わる(あるいは見る、接するなど)すべての人の言動や行為を見れば、自分の今のエネルギー状態がわかります

 

口を開けばネガティブ発言、マイナス思考パターンを持つ人と共有する時間はとても耐え難いものですが、これには世界的スピリチュアルマスターたちも、そのような状況下では直ちにそこから離れることを勧めています。

 

 

スピリチュアルなことに携わりながら生きる人は、自分の反応に反応するとよいでしょう。

 

意外なことに気づいたり、腑に落ちることがあるはずです。

 

これも一種の訓練で、このような新しいパターンを自分に加えることで自分を客観視できるようになります

 

 

年がら年中、いつ会っても同じような問題を抱えている人や、ネガティブスパイラルに陥って、自分の人生を思うように生きられていない人は世の中に圧倒的に多いでしょう。

 

他人の噂話やジャッジを好む人というのは、そもそも意識が他人に向いていて、必要以上に他人に依存して生きていることになります。

 

 

相手の話を聞いて、明らかに違和感や嫌悪感を持ったのに、聞かれてないから言わない、自分がそこまで言う必要がないから言わないというのも自由意志なのですが、それを違う場所で口にするぐらいなら、当事者にその場で素直に伝えた方がいいでしょう。

 

 

自分が感じたままに自分の意志を伝える行為が、自分の苦手意識になっている人が世の中には多く、その場合はなおのこと、直接相手に自分の意志を伝えてほしいと私は思いますね。

 

結果的に、双方にとってかけがえのない機会になると思います。

 

 

相手が誰であろうと、本当の自分を出せ(さ)ないのは、ありのままの自分の姿をさらけ出すことが損しているように感じたり、ありのままの姿を良しとしない自己否定が強く根付いているからなのです。

 

人によって対応を分けるというのも、一見問題がなさそうに聞こえますが、他人からも全く同じように扱われてしまいますから、信頼関係を築く上で不調和を生み出す要因が伴うことも知っておくとよいでしょう。

 

自分は悪いことをした覚えがないのに、他人からいらぬ誤解を受けたり、人から嫌われやすい人というのは、残念ながら確かな原因が存在していて結果があるのです。

 

 

心を開き内側から眩い光を放つ人間になりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

2017年

10月

12日

期待と見返り

ほんと寒くなりましたね~。

 

私はヒートテックじゃなくて、ミートテックで寒さをしのいでいる、という知人の話で大ウケしましたが(笑)

 

 

今日は期待と見返りについてお話したいと思います。

 

人間関係で常にストレスや愚痴が出る人の心理の中には、相手にこうであってほしいとか、この人はこういう人だとか、~のはず、こうあるべきだ、という期待があります。

 

それは、自分を自由にさせない凝り固まった思考パターンとなり、自分都合の期待を持って相手を見ているということで、相手に見返りを求める場合もあるでしょう。

 

これらはほとんどの場合、インナーチャイルからの影響が大きいといえます。

 

インナーチャイルドに関する、何らかの取り組みをした方ならご存じかと思いますが、一般的に、幼少期の体験が人生のすべての領域に影響を及ぼすことを知っている人は少ないと思います。

 

 

特に、癒されていないインナーチャイルド(心の傷・トラウマ)がある場合、言いたいことがうまく伝わらないとか、誤解されるとか、すべての人間関係で不調和や空回りを招きます。

 

人から嫌われないように、好かれるようにと必死になるのもインナーチャイルドの影響です。

 

こうなると、どんどん自分がわからなくなってきて、どんどん自己価値が下がり、相手の顔色や言動・行動にいちいち翻弄されたり、イライラしてくることになります

 

 

自己価値が低いというのは、自分には価値がないと思って生きている状態ですから、自分を否定して生きていることになります。

 

自分よりも他者が素敵に見えて、自分よりも他者の方が何でも優れているように見えて、それがポジティブに尊敬や尊重できるならいいのですが、ネガティブな劣等感を抱きます。

 

ネガティブな劣等感や対抗意識は、自己肯定感が低い証で、真の自分の魅力を良しとせず自分を嫌って生きている状態なのです。

 

 

素敵に見える人ほど、素敵に見えるような努力、自分磨き、自己啓発などの訓練をしていて、向上心と自立心、自己責任の視点から自己管理ができているから素敵なのです。

 

そして、今回の地球の転生で達成したい目的や課題、役割の違いにもよります。

 

 

自分の人生に葛藤なく、充実して生きている時というのは、他者をライバル視したり、羨んでいる暇はありませんので意識も向きません。

 

自分と自分に関わる人のことで、目的と達成感を持って生きているので、広い視野で物事を捉え、逃げずに解決できるよう取り組むようになります。

 

 

自分が理想とする自分になるためには、自分の妨げとなっている根本原因に気づいて、いつでも着手し、くりかえし解消していくほかありません。

 

黙ってても良くなることもありますが、自分の波動が高い時に限ります。

 

 

すべてに原因があって結果があります。

 

いつまでたっても良くならないことには、重大な意味を見落としている可能性があります

 

 

他者に期待と見返りを持ってチャレンジするのではなく、関わる全ての人にとって満足する落としどころはどこなのか?

 

明らかにポジティブではない生活環境とか生き方から、自分でやると腹を決めて、自分から行動と実践をくりかえすしかないのです。

 

 

そしてここはとても重要です。

 

2017年は特に格差が広がりましたが、来年以降もずっとそうなります。

 

自分が一緒にいて楽しい人、一緒にいて気持ちがいい人など、いつも意識の高い人と一緒に過ごし、そこから学びましょう!

 

傷のなめ合いでは何も変化しませんから。

 

 

今日から天空ではかに座で下弦の月を迎えます。

 

そこには『進化』のポータルが開かれ、進化を望む人だけが目にするもの、体験することがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

2017年

10月

10日

今日から木星がさそり座へ入ります♃

 

木星がさそり座へ移行することで、自分の好きな分野、興味のある分野などをとことん追及したくなったり、見落としがあったことを改めてやり直す意欲などが出てくるでしょう。

 

また、これらのことを自分だけでなく、社会や人々に拡大、発展させていきたいという欲求が強まります。

 

興味のあること、関心があること、あるいはやろうと思ってやってこなかったことなど、今こそ自分なりのやり方で探求・追及してみると大きな成果を生み出します。

 

 

このブログを読んだ方すべてに、木星のアバンダンスのエネルギーをお届けします。

 

動画を再生している間、瞑想してみてください♪

 

レッツトライ☆

 

2017年

10月

06日

ミディアムシップはヒーリングの一形態

『ミディアム』。

 

スピリチュアルの世界でいうところの『ミディアム』の本来の意味は、霊界と物質界の間を仲介する役割の人のことをいい、亡くなった故人やペットの声を伝える人です。

 

日本では霊能者とか、霊媒師ともいいます。

 

『ミディアムシップ』とは、日本語に訳すと霊媒術になり、ミディアムが亡くなった故人やペットと交信すること、やりとり全般のテクニックのことをいいます。

 

 

霊能者とか霊媒術と聞くと、陰陽師のようなおどろおどろしい、怖いイメージを持つと思いますが、スピリチュアルの世界を学ぶ人、教える人、携わる人にはぜひ知っていてほしい分野だと私は思っています。

 

というよりも、

 

時代の急速な変化と共に、知っているに越したことはない、

知らないと危険ともいえる分野です。

 

なぜなら、憑依による悪影響で生きている人が世の中に多いからです。

 

それにも重要な意味があるのです。

 

 

私は霊媒術をやるためにサロンを始めたわけではなかったのですが、自らの霊的成長に比例して、個人セッションでお越しになるクライアントの中には、憑依による悪影響で自分の人生がわからなくなった方が多々いらっしゃることに気づきました。

 

当時、霊媒の知識や技術を全く知らなかった私が、なぜそのクライアントに憑依があるとわかったのかというと、インターフォンに映ったクライアントの横には一人、二人とクライアント以外の人も一緒に映っていたからです。

 

そして、クライアントにその人物の特徴をお伝えすると、クライアントに関連する人だとわかったり、時には身に覚えのない人ということもありました。

 

憑いていると言ったからには外す必要があり、私はセッションで即興でやってみたところそれらは一気に外れていきました。

クライアントは体が軽くなって、元の顔に戻り、覇気のなかったくすんだ茶色の肌は、さくら色に輝くのを目の当たりにしました。

 

しかし、このようなセッションを毎回行うことで、自分の体が疲弊、消耗することに恐怖と抵抗があった私は、憑依のない人を対象にサロンを運営したい旨を当時サナトクマラに相談しました。

 

 

サナトクマラ:

あなたは何の目的でその仕事をしているのですか?

 

私:

人々が自分らしく生きるきっかけを掴んでほしいとか、疲れている人をヒーリングに導きたいからです。

 

サナトクマラ:

今日あなたが行ったこと(霊媒)は、あなたが決めた地球の目的の一つです。

 

私:

えっ?!私は地球で霊媒をやる目的で来たんですか??

 

サナトクマラ:

あくまでも目的の中の一つです。あなたはその段階に達しました。

 

私:

(愕然とする)・・・そうですか・・・目的に入ってるんですか・・・

正直なところ、今後も毎回のように霊媒セッションになってしまうことに強い抵抗があります。体力的にも、精神的にもすごく疲れそうだし、怖い気持ちもあります。私は生身の人間ですから、そのことで命を削ることになるのではないでしょうか?

 

 

サナトクマラ:

あなたは誤解しているようです。

あなたは何のためにその仕事を始めたのですか?

どんな意識で今まで携わってきたのですか?

その仕事は続けたいが、霊媒はやりたくないというのはあなたのジャッジです。あなたが今までに行ってきたヒーリングも、今日行った霊媒もヒーリングに変わりないのです。

 

 

私:

すみません、おっしゃっていることが今日は理解できる状態じゃないので少し考えさせてください。

 

 

そう言って私は数日考えたのでした。

 

すごく抵抗を続ける自分にも気づいていました。

 

その抵抗を続ける自分にもイライラしてきて、だんだん疲れてきた時、

 

『自分ができることを最善をもってしよう!今までもそうだったじゃないか!』

 

そうハイヤーセルフから気づかされたのでした。

 

確かに、霊媒セッションをやってみると、ヒーリングの一部であることには間違いなく、セッション中も後も、私もクライアントも深い愛に気づく感動のセッションになっていたことが腑に落ちた瞬間でした。

 

 

すぐサナトクマラにもその旨を伝えました。

 

サナトクマラ:

あなたは『疲れている人をヒーリングに導きたい』と私に言いました。

憑かれている人をヒーリングに導きたいということです。

 

 

これを聞いた時は吹き出しましたね。確かに。

 

 

最後に、

 

いつも思うのは、

 

高次の存在は、私たちを悪いようにはしないということです。

 

自分が今できることに最善を尽くせばいいのです。

 

その先には、愛と喜びがスタンバイしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

10月

04日

価値ある生き方をすると決める

すっかり寒くなりましたね。

 

写真は、先日『上山鼻神社』に行った時にそばにあった栗の木です。

 

この日は、スズメ、ハクセキレイ(野鳥)、ハト、トンボ、エゾリスに遭遇しました。

 

エゾリスは栗をたくさん食べて、冬支度に備えて忙しそうでした。

 

神社周辺をうろうろしている時から、ずーっと小さな誰かに見られていて、振り返ると可愛らしい小鳥がいました。

 

調べたらハクセキレイ(メスの方)という野鳥でした。

 

 

1週間ぐらい前に早朝の伏見稲荷神社に行った時、ベンチに座ったら足元を野良犬が通り過ぎようとして、よく見たらキツネでした!笑

 

キツネは軽快に私の目の前を通り過ぎていきましたが、キツネと目が合っている間私は動けなくなりました。

 

目が合っている瞬間がものすごく長く感じて、キツネの目がなんとも美しく印象的でした。

 

普通に目の前をタッタッタッタッタ~ですよ(笑)

 

この世界に共存してるんだなぁ~と嬉しい気持ちになりました。

 

 

地球のどこかでは常に痛ましい出来事が起きています。

 

地球のために、いきなり何かをする気にはなれないかもしれませんが、

 

自分という人間が何目的で地球に来たかがわかると、命あるもの、世界、地球、宇宙に向けて愛や感謝を送りたくなるものです。

 

自分のことがわからないと、常にストレスや葛藤、落ち込みが生まれやすくなり、自分は何のために生きているのか?自分の存在価値を見出せず、ただ無意味に毎日を過ごすことになります。

 

まさに、その状態こそが魂からの叫びをキャッチしている状態なのです。

 

私のところにセッションでお越しになる方の中には、すでに限界で、お越しになる前から『助けて!』と悲痛な叫びを訴えてくる魂もいます。

 

しかし、憑依がある場合、自分を変えたい意識はあるものの、憑依による悪影響によっていつまでも自分の真の目的から外れて生きている方が多いのも現状です。

 

 

 

憑依については、一般的に誤解が生じやすい分野であること、時代のエネルギーがどんどん変わってきた為ミディアムシップを開講するに至りましたが、憑いている霊体は故人とは限りません。

 

生きている人間の生霊が憑いた場合の方が、日々の悪影響が大きいと私は思っています。

 

なにせ生きている人間の霊体が憑くわけですから。

 

憑依は、憑依された人だけが可哀そうなのではなく、憑依されるだけの確たる材料があるから憑依されるのです。

 

憑依される人と、されない人がいるのは、この材料(意識)の違いによります。

 

私が行っているセッションや、伝授しているスピリチュアル講座は、一時的にお祓いをしたり、単なるエネルギーワークの知識と技術を伝授しているわけではなく、今世の人生のすべての領域に応用が可能な、人間として肉体を持って生きることの私なりの哲学を高次の存在たちと伝授しています。

 

習得したスピリチュアルの知識や技術を仕事にするもしないも自由です。

 

実際、私の教室を利用する方のライフスタイルは千差万別です。

 

 

その人が自分の人生を思いっきり、自分らしく生きるための最初の第一歩は、自分の足で立つこと、自分の人生を本気で良くすると腹を決めて自立することです。

 

不平、不満、ストレスに満ちた言動を吐けば吐くほど、自分の周りからどんどん人を遠ざけてしまうだけでなく、自分の魂はそれだけ救済を求め叫んでいるということです。

 

直ちに自分を輝かせる取り組みを始めましょう。

 

そのタイミングで始めれば、思った以上の成果が訪れ安堵すると思います。

 

 

私たちは一緒にいて心地がいい人、楽しい人と時間を過ごしたい生き物です。

 

 

何年も、何十年も悲しみ、憎しみ、怒り、報われない思いでストレスに満ちた人生を歩むのか、

 

1日も早く輝く自分を取り戻して、思いきり人生を楽しむのか、

 

すべては個人の自由意志によって決まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

29日

知ってるだけじゃ変わらない

 

世の中情報で溢れています。

 

この地球に二元論が存在するかぎり、光が存在する分だけ闇の部分も存在します。

 

どの情報を自分が採用するかによって、その後の生き方に影響が出るでしょう。

 

『自分は不運な人生を歩んでいる』と思っているだけでは何も変わりません。

 

何の目的もなく、できる努力もせず、他者や自分が置かれた状況に不満を持って生きていても棚から牡丹餅はないのです。

 

 

それですべてうまくいくなら、世の中に不幸はなくなるはずです

 

自分自身がわからなくなって生きている人は世の中に多いと感じます。

 

それを如実に表しているのが、日本の年間自殺者数だと私は思います。

 

厚生労働省で開示している平成28年の自殺の統計によると、年間の自殺者数は減少傾向にあり3万人を下回っているそうです。

 

 

遺書がない自殺の場合、自殺者としてカウントされず変死者としてカウントされるそうですが、それが本当だとすると、日本国内の実際の年間自殺者数は10万人を超えるともいわれており、そうなると日本は他の先進国に比べて10倍の自殺者がいることになるとの見解もあります。

 

 

平成28年の自殺者の内訳をざっくり説明すると、

年齢は40~69歳が全体の半数を占めていて、女性よりも男性に多く、全体の約6割が無職者、約3割が被雇用者が占めています。

 

先進国(G7)の中で、若者の死因のトップが自殺なのは日本だけだという情報をネット上に発見しましたが。

 

 

人間が作る数字の世界なので、正直どこまでが真実なのか私にはわかりません。

 

ただ現状として、私たちが住む日本には、自分の人生に希望を持てず自らの命を絶つ人が多いということです。

 

かつての自分もそうでしたが、自分の可能性や自分の人生に希望を持てず、毎日がどうでもよくなんとなく生きている、いわゆる自殺予備軍も多いのではないでしょうか。

 

 

 

自分は今幸せではないと、ただ知ってるだけでは何も変わりません。

 

現実を望ましい状況に変えるためには、自分の意志で決断し、自分から行動を始めない限り、ずっと同じ状況を引き寄せ続けます。

 

ただ【知ってる】【わかってる】だけでは何も変わらないのです。

 

ここを知らない人は世の中に多く、思考だけで強制的に変えようとする人が多いです。

 

それも一つの思い込みで、根付いた思考パターンなのです。

 

その思い込みがあるかぎり、望ましい引き寄せや成果は巡ってきません。

 

時間だけがどんどん経過して、やるやる言っては何一つ達成してなくて、

そんな自分に嫌悪して自分の人生が価値あるものとは到底思えない生き方になるでしょう。

 

 

 

根本的に自分の人生を望む形にしたいなら、やると腹を決めて、なりたい自分になるための行動をするだけです。

 

知ってるとは、知識として知ってるだけ、認識してるだけなので、潜在意識下には落とし込んでいないので=現実は何も変化しません。

 

【知ってる】と【できてる】は全くの別物なのです。

 

 

知ってることをあえて実践・行動に移してみるとわかりますが、新たな気づきを得たり、現実に確実な動きが生じます。

 

私たちは誰もが素晴らしいエネルギーの持ち主です。

 

イッツァミラコー☆

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

28日

700記事突破

ホームページを自分で作り始めたのが2011年の冬。

 

テンプレートを変更したりで削除した記事もかなりありますが、

今日のブログで700記事を突破しました。

 

普通に見てすごい数字だなと我ながら感心しました。

 

まさに継続は力なり

 

好きこそものの上手なれ

 

 

初めての記事をアップした時は、それはそれは緊張とワクワクの大興奮でした。

 

ええ、誰も見てないと思いますけどね(笑)

 

 

世間の人が書いているブログというものがどんなもので、

自分でもブログを書いてみたくて、

一人でも何かの役に立てばいいと思い書き続けました。

 

そして、これからも自己満足でありながら人の役に立つヒントを発信していきたいと思います。

 

いつも私のブログを楽しみにしている皆様、

 

ありがとうございます。

 

今日は自分を自由にさせない要素の一つ『羞恥心』について書きます。

 

私が最初のブログをアップした時は、抵抗するというよりは恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

 

羞恥心は、人間に与えられた自尊心の延長上にあるものだと思うのですが、過度に感じてしまうと行動の萎縮に繋がります。

 

それは、社会で人と共存する上で自分を解放しない、制限する生き方に繋がると私は思っています。

 

会社員時代の私は、人前で泣くのは負けを認めることで、人として惨めなこと、プライドが絶対に許さないところがありましたが、そのおかげで大変きつい人生を歩みました。

 

同僚は人を貶めるライバル、敵にしか見えず、仕事をしない上司に対して尊敬の念はなかったので、とにかく上げ足をとられないよう、人前で恥をかかないように完璧になんでもやってやろうと、ごっつい鎧を着て心の中では緊張でいっぱいでした。

 

そんな毎日でしたので、私は素晴らしい成果が突然舞い込むこともあれば、自らで難しい問題、状況、人を引き寄せたり、考えられない大失態を起こすというジェットコースターぶりを発揮していました。

 

そんな生き方なので最終的に厄介な病気を引き寄せました。

 

最も涙を見せたくない、私にパワハラをした人の前で私は号泣しました。

 

そして、スピリチュアルの世界を真剣に学ぶ中で、自分の気持ちや自分の感情に素直になることがとても大切なことだと腑に落ちました。

 

我慢したものやネガティブな感情は、体のある部分に残り、意識上では忘れていても決してなくならないということ。そして、それがある限り、それを解放するための現実を引き寄せるのです。

 

 

解放していないものがある限り、現実の出来事も、自分の気分も、いつも同じ状態をくりかえします。

 

それらが解放された時、同じ出来事や状態を二度とくりかえさなくなるのです。

 

そうなると、出来事はポジティブに解決しやすくなり、気分もどんどん軽くなるので引き寄せることもそれに正比例します。

 

この体験をすると、いかに自分が自分らしく生きてこなかったかに気づくでしょう。

 

泣きたい時に泣く、怒る時は怒る、です。

 

感情は、なくそうとしてなくなるものではありません。

 

喜怒哀楽、どの感情も私たちは生まれた時から備えています。

 

怒りなどの荒々しい感情(エネルギー)を否定ではなく解放し、それをポジティブに解放する術を身につけることも人間は可能なのです。

 

 

私たち一人ひとりの存在自体が神聖な贈り物です。

 

協調性も大切ですが、自分の思いや真実を伝えることはもっと大切です。

 

自分は何のためにそこで働いているのか・・・

 

気づいて行動です。

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

25日

誰の人生生きてますか?

ミコトレイキ大王靈氣を受講された方から、望ましい変化がきていると報告のメールがバシバシきています。

 

皆様ありがとうございます♪

 

受講した方に共通しているのは、エネルギーの体感だけでなく、思った以上にパワフルで、本当の意味で自分らしく生きよう!と腑に落ちる方が多いようです。

 

自分の生き方を制限している不要なものが何で、自分らしく生きるとはどういうことなのかわかった~♪と皆様おっしゃいます。

 

あと、ここ1~2か月の間に受講を始めた方たちが気持ちいいほど浄化が早いですね。

 

どんどん楽に、毎日が充実してあっという間で時間が足りないとか、他者との関係も信じられないほど良好になったというご報告も多いですね。

 

 

伝授を受けたばかりのエネルギーヒーリングを他者へ行ったところ、他者が体感や変化を感じてくれたとか、

個人セッションを受けたその日に、ハイヤーセルフと繋がって早速自動書記が始まったり、ミディアムシップ講座を受講して1週間たらずで高次元から待ってましたと明晰なガイダンスがなだれこんできたり、ガイダンスのとおりに素直に実行に移したらそのとおりだった、などなど。

 

皆様、新しい自分、生まれ変わった自分に大変満足して心地よく過ごされているようです。

 

 

人生とは、常に選択をしながら生きることです。

 

一人ひとりには自由意志があり、どの選択をしても間違いはなく、すべてが必要な体験で成功体験であることはこれまでも伝えてきました。

 

 

人からどう見られているかを気にするのでしたら、

どう見られても恥ずかしくない自分を育てるしかありません。

ここを面倒がって努力せず、自分に都合の良い結果だけ欲しがる人が世の中には多いように感じます。

 

そのような生き方をするのも個人の自由なのですが、忘れてはならないのは、私たちは常に人と関わり合いながら共存しています。

 

家族であろうと、友人であろうと、親しくない人であろうと、人と共存して生きているのです。

 

すべての出来事は、すべてに等しく、帳尻が合うようになっています。

 

それは、出来事の渦中にいる時そうは見えないかもしれませんが、自分で思ったこと、言ったこと、行動したことのすべては、等しくあるいは増幅していつの時代にも自分の元へ戻ってきます。

 

 

確実にわかっていることは、自分が望む生き方ができていないのは、自分の人生から道を外れて生きている時です。

 

充実した人生を生きている時、人は機嫌がよくて、笑顔を作らなくても笑顔がこぼれ、ありがとう!と誰にでも伝えたくなるものです。

 

自分の人生を生きている時は自然とこうなります。

 

肩肘張らず、無理なく、頑張らず、必死にならず、我慢することもなく。

 

 

この3次元の地球にはあらゆる次元が同時に存在しています。

 

他者の体験談ばかりインプットして消化不良を起こしている人をたまに見かけますが、2次元の文章を読んでインプットするだけでは腑に落ちません。

 

自分の意志でインプットした後は、自分の体を使った3次元的な体験、つまりアウトプットして初めて腑に落ちるのです。

 

地球で何かを習得する時は、生まれた時からそうであったように今も変わりないのです。

 

自分の人生をより良くしていきたい人は、2次元でのインプットはほどほどにして、何か一つ行動に移した方が変化は驚くほど早いです。

 

 

いつまでも行動しない人は、本当は現状維持したいとか、

自分を変えたくない自分がいるのかもしれません。

 

本当は自分は何を一番望んでいるのか、残された人生を有意義に生きるためにも、今一度深く掘り下げる必要があるでしょう。

 

 

この地球という青くて美しい星は、肉体という神殿を通して学ぶ星です。

 

それは、森羅万象の軌跡(奇跡、奇蹟)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

24日

チャネリング徹底解剖のお茶会

チャネリングがどうしてもしたい!

チャネリングの原理を知ってスキルアップしたい!

他者のチャネリングをしてみたい!

潜在意識に興味がある!

宇宙の原理をちょこっと知りたい、

ホロスコープから人生の目的を知りたい、

スピリチュアルの仲間と会ってみたい! 

etc

 

絶対外せない~~~お茶会セミナー開催します!

 

軽食、飲み物もついてます♪

 

正直、お茶会とは思えないほど充実した内容です。

 

最後の1名様だけ募集します!

 

早い物勝ち

 

詳細はこちら♡

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

18日

危険なチャネリング

『チャネリング』に興味を持つ人は年々増加していて、私の教室にもチャネリングがしたくて講座を受講する人が増えています。

 

重要なのは、その動機です。

 

一体何目的でチャネリングスキルを身につけたいのか?

 

これにより、その後のスキル向上や精度にそのまま反映されます。

 

低次元と繋がったガイダンスには一貫性がなく、人を無力にしたり不安と不快な気分にさせて不安定です。

 

興味本位とか、人に注目されたいとか、人からすごいと思われたいなどの自己顕示欲からくる動機でチャネリングをすれば、低級霊や未浄化霊のかっこうの媒体となりますから、エゴに偏ったガイダンスを毎回おろして憑依されることになります。

 

これ、心霊スポットへの訪問に似ていて、動機が不純だと時に望まないことが起こるといいますよね。

 

 

自分を見失ってしまい、そのままの自分では自信がないので、こういった特殊能力を身につけることで他者から一目置かれると思う人が多いのではないでしょうか。

 

こういう方は自分で自分を好きじゃなくなっていて、自分を認めていない状態だと、まず知るところから始めると良いでしょう。

 

自分を根底から変える!と決意しても、長年培ったマイナスパターンが深く潜在意識に根付いているので、継続したくりかえしの取り組みが必要です。

 

基礎的なことをおろそかにして、上記の動機からチャネリングスキルだけを欲する人が世の中には多いようで、江原啓之さんはこのことを以前から危惧されていて昔読んだ本に書いてありました。

 

 

自分で自分にだけ使うガイダンスは自由ですが、問題なのは他者を巻き込むことです。

 

どこの誰ともわからないところと繋がってガイダンスをおろし、高次元と信じ込んで低次元のガイダンスを、ガイダンスを求めていない人に伝えることは、ある意味危険な行為といえるのです。

 

これこそがスピリチュアルの世界がいまだに嫌悪される、誤解される原因の一つではないでしょうか。

 

例えて言うならネットワークビジネスもこれに似ています。

 

どんなに優れた商品でも、売る人(会社)の売り方(マーケティング)によってその商品のイメージはプラスにもマイナスにも転じます。

 

 

セルフヒーリングを心身が求めている状態なのに、面倒だからとか、時間がないと言い訳してやらなかったり、グラウンディングもろくにせず、宇宙や高次元と繋がることばかり望む人というのは、低級霊や未浄化霊のかっこうのエサになります。

 

 

憑依されたことを知らずに低級霊とのチャネリングを続けていると、無駄に振り回されたり、急に不安になって落ち着かなくなることがあります。

 

そして、進化を拒む怠け者のエゴに左右された自分がいて、不快症状に苦しみ、毎日が楽しくない、望まない生き方をしていることにある日気づくのです。

 

 

そうならないためには、いつも自分を慈しみ育て、地球で進化を続けることです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

16日

自分を本当の意味で知る

もう何年も会っていない友人からうつ病になったと電話がきました。

 

話を聞くこと約3時間、自分のことも周囲のことも信頼できない状態で、在籍する会社からは役職を引き下げられ、異動を命じられ、これから転職するにも迷いがあり、どうしたらいいのか見当がつかない状況、ご自身の親御さんも体調を崩していたり等々話を聞きました。

 

友人は、怒りや葛藤、恐れ、悲しみにうちひしがれていましたが、

私が残念に思ったのは、この友人が現在の会社から異動を命じられたのは今回が初めてではなく2回目というところでした。

 

私は愛のむちで自分の率直な意見を述べました。

 

 

一緒に働いていた時の友人は、誇り高く、常に成績がトップで追随を許さない、ぬかりなく仕事を行うタイプで、他者に対しても非常に厳しく、誰もが一目置く存在で、才色兼備を人間にしたような方でした。

 

 

私が知る限り、当時の友人は今まで誰も達成することができなかった壁を毎月のように達成し、当時の私はこのような人と仕事ができることに深く感銘を受けたものです。

 

 

数か月前の元気だったという時の写真を送ってくれましたが、すでにこの時には昔のような誇り高き姿はなく、とても小さくて、弱々しい姿の友人が写っていました。

 

電話を切る頃の友人は、元気を取り戻し自分を認めたようですが、本当の自分の声に気づかないかぎり試練は続くのかもしれません。

 

 

この友人のように、本来の自分=魂が求める生き方を知らないで生きていると、ある日蓄積された有害な毒が心身に回り始め不調が出てきます。

 

それが中年期に起こると、いわゆる更年期障害と言われますが、必ずしもそうではないケースもあります。

 

 

スピリチュアルな学習など、自分を知って自分と向き合う生き方を始めると、不調が改善されることはしばしばあります。

 

 

これはおとぎ話でもなんでもなく、それほど人間が持つ隠された能力には計り知れないパワーが宿っているということです。

 

 

マクロコスモスである宇宙の90%がいまだ解明されていないのと同じように、ミクロコスモスである私たち人間にもこれと同じことが起きているのです。

 

 

宇宙規模であろうと、地球規模であろうと、わからないことだらけの、無限の可能性を秘めた世界に私たちは住んでいて、3次元ゆえに無から有に変化するプロセスを楽しめる意識がないと人生はただただ苦しい修行の場と化してしまいます。

 

 

今、この地球という3次元にだけ自分が存在しているのではなく、実は多次元に存在していて高次意識の自分がいるのです。

 

おまけに、

 

どんなときも、自分がこの地球の旅で進化できるよう自分の段階に合わせて宇宙サポーターたちがいつもついている・・・

 

 

そう考えたらワクワクしませんか?

 

もっと知りたくなりませんか?

 

 

そのパワーこそ魂からの反応です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

11日

受講生の声ー究極の健康美ー

 

卒業生からホットな感想文が届きました!

 

自分と同じような立場で悩んでいる方がご覧になった時に少しでも参考になれば幸いだと思って、書いてくださったそうです!

 

ご本人の意向もあり皆様にシェアさせていただきます♪

 

 

T.Tさん(ディバインヒーラー講座、スピリチュアルティーチャー講座:対面)

 

題:cote a coteへの導き〜アファメーション編

 

私は現在主婦、48歳です。

4人の子供の母親でもあります。

cote a cote にお世話になったきっかけは、

環境の変化で色々な事情が重なり、その後から体調が徐々に悪くなり、

自分が思うように動けなくなってしまったことからが始まりでした。

 

思うように動けなくなると、日々の生活も楽しく感じなくなり、

過ごしにくい・・・生きにくい・・・疲れる・・・と思いながらの生活が3年続いていました。

 

昔から体だけは丈夫でしたが、

この年齢になると、同年代の友人たちと会えば更年期の話になり、

私自身も年齢的な問題だと思い込んで、病院に2年ほど通っていました。

 

検査してもホルモン値は更年期障害に値する数値ではなかったので、

漢方薬やサプリメントの服用と

体調が悪い時には点滴をお願いしていました。

 

体調が悪いために、最低限の家事をすることと、

子供達にしてあげたいことが思うようにできない自分も許せず辛かったです。

早くこの状態から抜け出したい!と日々思っていました。

 

あるとき、このまま改善されなければどうすればいいのか・・・と考え

「アファメーション」をすることにしました。

 

話は少し逸れますが。

私は昔からスピリチュアルなことは好きでした。

好きといっても、精神世界の本を読んだりとか、

昔のことであればオーラの泉を繰り返し観ていたとか、、、

 

でも、それがすごくワクワクすることで、

それによってテンションが上がる自分が好きでした。

 

引き寄せ関係の本が流行ってからは、何十冊と読んでいたので、

「アファメーション」のことは知っていました。

 

それで。この時です。

本格的に「アファメーション」をしたのは。

 

「私はとても健康です。ありがとうございます。」

 

その他に、人間関係に関することや家族に関すること何個かをノートに書き、

自分で言ってる言葉も録音して、

朝と寝る前と、一人でいる時間は、聞いたり言ったりしていました。

・・・今思うと・・・ちょっと引きますが。

 

それから約二か月後の夜に、

cote a cote のホームページに繋がりました。

まさか!自分がエネルギーのことを学び、ワクワクするスピリチュアルのことも学び。

講座を修了したときには、凄く元気になって、健康になって。

家事も楽々こなせて、子供達にしてあげたいこともできて。

今は本当に幸せです!

 

講座を受講中のときには、浄化で体が辛い時もありましたが、

ことあさんがお話してくれる話の中に、腑に落ちる言葉が多々あって、

そのおかげで自分と向き合うこともできました。

 

エネルギーワークは欠かせないものではありましたが、

生き方にも問題があった点に気付かされ、

そのことで体に不調が出ることも教えていただきました。

 

ことあさんから学んだことは、今後、必要不可欠なものとなり、

そして、子供達に教えてあげられることがまた一つ増えたことも嬉しいです。

 

本当に・・・「全てうまくいっています。ありがとうございます。」

 

ことあさん、

季節をまたいだ五か月間、本当にお世話になりました。

心からお礼を申し上げます。

 

 

Tさんご丁寧にありがとうございました~~~

しかも素敵なタイトル付きで、楽しく拝見させていただきました♪

 

Tさんのように、長年の不調が年齢からくる影響だと諦めている方も多いと思います。

 

病気という病気ではないけれど、ずっと不調が続いているとか、体調を崩しやすいという場合、その状態こそがあなたの体からのサインです。

 

 

病気になることにも重大な意味があると、私は思っています。

 

 

だからといって、西洋医学を否定するつもりはありません。

 

スピリチュアルですべてが改善できるというつもりもありません。

 

なぜなら、私の職業は医者ではなく、治療はできないし治せないし、それは医療機関の専門医が行う分野だからです。

 

 

確かに、エネルギーワークで不調が改善されることは多々あります。

 

これは、個々が持つ自然治癒力が活性化されるからです。

 

 

エネルギーワークや宇宙の原理を受け入れ、自分という自分を認めることで起こるポジティブな現象には計り知れないものがあります。

 

 

私はその人が自分らしく、自由に、幸せに、今世を生きてほしいという思いで、それを望む人々を導いています。

 

 

病気という状態にならないと、大事なことに気づけない人がいるのも事実です。

 

会社員時代の私がまさにそうでした。

 

当時の私は、命に別条はないけど、常に不快症状と不調を抱え、挙句に次から次へと病気になっていました。

 

12月の繁忙期に、同僚と数字で比較される数字の世界にうんざりしていると、必ず年末の忙しい時にインフルエンザにかかって一人寝込む、

 

もう誰とも話したくない!と思って翌朝目覚めると、顎関節症で貝のように口が開かない、

 

女に生まれなければ馬鹿にされなかったのかもと思っていると、卵巣嚢腫が両方の卵巣にできていて、

 

またある時は、婦人科で調べても全く異常がないのに痛みや不快症状に悩まされる、

 

治りにくい病気になれば会社を休めるのでは、と思っていると帯状疱疹の襲撃、

 

怒りを抑圧して生きていると、白血球が異常発生して体調を崩す、

 

などはしょっちゅうでした。そこで私が思ったのは、

 

『ストレスで自分を病気にすることもできるんだ』ということでした。

 

 

体はどんな時もわかりやすい形でサインを送ってきます。

 

 

誰もが失って初めて気づく大切なもの、『健康』。

 

元気ですかー!!

 

元気があれば何でもできる。

 

元気がないと何もできない。

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

10日

お茶会セミナーのご案内

いまだかつてないすごい内容のお茶会セミナー開催決定しました~~~♪

 

*チャネリングスキルを向上させたいけど方法がわからない

*ブロックを解放したいけど、どうやるの?

*自分のハイヤーセルフやガイド、守護霊がどんな存在か知りたい♡

*潜在意識ってそんなに重要?!

*自分の出生図(ホロスコープ)で自分を知る♪

 etc

 

 

上記にご興味のある方ならどなたでも参加可能です♪残席わずか

お茶会セミナー詳細はこちら

 

 

 

2017年

9月

09日

あなたの中のあなた

古代から占術は人々の生活に密着し、いつの時も人々の道標となって導いてきました。

 

現存する占術には色々ありますが、最近ではオラクルカードが書店で一般的になりましたね。

 

オラクルカードの第一人者といえば御馴染みエンジェルレディのドリーン・バーチュー博士ですが、ドリーン・バーチュー博士は当初、クライアントにタロットカードでリーディングしていた経緯があり、そこからオラクルカードを発明するに至っています。

 

最初のエンジェルオラクルカードは15周年を迎えたそうです。

 

 

オラクルカードもタロットカードも、今必要なメッセージを引いたカードから導き出すわけですが、直感や潜在意識を活性化するスピリチュアルツールであることに違いありません。

 

 

誰でも気軽にカードを引いて、美しいビジュアルとメッセージを視覚的に受け取ることができる大変優れたツールですが、使う側の霊的能力が開発されている場合は精度が高まります。

 

 

私の教室では、解説書に頼らないリーディング方法、最終的にはカードのようなツールに頼らなくてもリーディングできる方法を伝授していますが、これにはかなりの個人差があります。

 

というのも、自分への信頼と高次元との確実なパイプができていないと、解説書がないと一言も出なくなります。

 

これは今までに生きてきた中でできた、ある刷り込みがあるためにそうなってしまうのですが、その殻を自らで破った時の達成感といったら、まさに神がかり的なシンクロが起こるのも事実です。

 

言葉では説明のしようがないことが目の前で起こりますから。

 

これはマジックでも、トリックでも、ハッタリでもありません(笑)

 

そして、いかに自分を制限して生きてきたか、に気づかされます。

 

とはいえ、

 

地球で生きている以上、バランスは常に意識しましょうね。

 

スピリチュアル初学者が陥りやすいのがグラウンディング不足です。

 

そっちの世界が楽しいのはわかります(笑)、ですが、今は地球という場所がメインで肉体を持って生きていることを忘れないようにしましょう。

 

 

私たちはそもそも高次元の世界から、わざわざ波動を低く低くしてこの3次元の地球に『愛と感謝』『学び成長し進化』するために降りてきました。

 

どれほど当たると言われる占術でも100%ではないことも頭の隅に入れておく必要があります

 

なぜなら、占った時点でクライアントの意識が変わるため、宇宙はこれに完璧に比例します。

 

これは言い逃れでもなんでもなく、占った時より想像以上に状況が改善される場合もあるでしょうし、逆にクライアントが潜在意識にトラウマやブロックが多い場合は改善されるどころか何も変化がない、あるいはくりかえすということも起こりえます。

 

そう、あなたの潜在意識はあなたの中のあなたなのです。

 

 

ですので、

 

占術あるいは人からのアドバイスで得ること・気づくことも確かに多いけれども、それはある一つの道標であり、完全に自分の人生を切り開いていくためには自分の意識を根底から覆し、行動を伴って体験する必要があります。

 

”願うだけで叶う”みたいなフレーズ、最近行った書店で目にしました。

 

確かにそういう時もあります。

 

できるだけそうなるようにするには、自分の潜在意識の中の不要なブロックや刷り込み、トラウマが解放された後であれば必然的にそうなります。

 

 

すべてはバランスです。

 

どちらかの世界に偏り過ぎても日常生活に支障が出てしまいます。

 

くりかえします、私たちはそもそも高次元から、わざわざ波動を低く低くしてこの3次元の地球にままならない肉体をまとって『愛と感謝』『学び成長し進化』するために降りてきました。

 

 

地球で生きている間は、この目的があることを忘れないようにしましょう。

 

軽やかに、自分の好きなことで楽しみながら努力して、それを行動に移して体験。

 

 

行動星地球であることをお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

 

2017年

9月

07日

ゲートが開きました

昨日はうお座の満月でした。

 

皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

この満月は、浄化作用も強烈でしたが、ここ1~2か月の間に直感が冴えたり、メッセージを受け取ったり、特別な夢を見たりと、ワクワク体験をしている人も多かったと思います。

 

これは、海王星や冥王星が深く影響しているからなんです。

 

 

私の場合、今朝の夢で忘れていた旧友がいきなり出てきて、当時の双方のブロックと思われる体験をしている夢を見ましたので、目覚めた後に旧友に感謝と愛を送り完全に解放しました。

 

今もサードアイ付近、前頭葉のあたりの鈍痛はありますが。。。

 

 

満月が終わってからは、いよいよ新しいゲートが開きます。

 

今朝もメールで報告がきていましたが、ガイドからバンバンガイダンスがきていて、思いのほか自分の今世での役割が重要だと知らされている人が増えているかもしれません。

 

個々の魂にとって必要なことしか起こりません。

 

役割や課題が多いとか規模が重要なのではなく、今世を幸せに生きているかどうかが重要です。

 

感謝の気持ちを持って幸せに生きているかとうか?ということですね。

 

自分ではない誰かになろうとしていないか?

 

神様(創造主)と相談して、ものすごい確率で今回地球に肉体を持つ機会を得られ、唯一無二の存在として、生かされて生きていることを忘れないでください。

 

酸素が無限にあって息を吸うことも、心臓や体の機能が動いてくれることも、自分の闇を光に変えるために必要な人が目の前に引き寄せられることも・・・

 

感謝を忘れている時は、自然界のエネルギーに触れることですぐに同調し純粋さが戻ってきます。

 

心身ともに元気になりたい時は、自然の場所へどんどん出かけてエネルギーチャージしましょう!

 

ミコトレイキの回路を持つ人は、神社へ行ってください。

 

写真は、昨日の午前中札幌伏見稲荷神社にて。

 

いつも波動は高い場所なのですが、昨日は特にこの荒魂社がすごく高波動で宇宙との一体感を感じました。

離れたくない気持ちで長々いたら「写真を撮っていいぞ」と聞こえてきたのでお言葉に甘えまして。

 

長居している私のところへカラスが集まってきて、デカくてちょっと恐かったのですが、おとなしく私を眺めてました。

 

ありがとうございます♡

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター