店主のささやき

2017年

3月

21日

自分で直せるか

 

人には『癖』がありますが、それは現在の生活環境や、日々の意識の持ち方によって培われます。

 

例えば、盗み癖。

 

『手癖が悪い』という表現がありますが、これ、自分で直せる場合と、直せないほど重症の場合があると思います。

 

ある人が所有するものに魅力を感じ、その欲求が止められなくて、持ち主の承諾なく持ち帰ることをいいますが、それ、3次元の世界でいうところの犯罪といいます。

 

盗んだ時点で理性が働いていないなので、本能スイッチが入っています。

 

自分で自分の理性をコントロールできない場合、ドラッグのような常習的反応に加え、動物霊の憑依も考えられます。

 

特に動物霊の憑依がある場合、社会的モラルが全く通用しないので、人のものだろうが、お店のものだろうが、自分が欲しいから何でも平気で盗みます。

 

『盗む』という本人の意識(意図)がどこにあるかによって、盗み癖を自分で直せる直せないが決まってくると思います。

 

裕福な暮らしをしている人が盗んだ場合、物理的には困っていませんから、何か別の理由が存在しているでしょうし、

 

貧しい生活を余儀なくされている人が盗んだ場合なら、ただ単に、お金がなくて自分では買えないから盗んだのかもしれません。が、それ犯罪です。

 

お店にによっては、そのような注意喚起をポスターで行っているところもありますよね。

 

生活に困るほどじゃないけど、ただ欲しかったからという場合、事の重大さを知らないということになります。

 

 

自分を傷つける前に、事の重大さに気づいて自分で改心してほしいと思います。

 

なぜなら、負のカルマの種を自らで蒔き散らしていることになるからです。

 

 

あなたはいつも、それを誰も見ていないと思って行っているようですが、

そのような時にも高次の存在たちは見守っていることを忘れないでください。

 

それは盗みに限らず、人が見ていないように見えるところでも、どんな状況の時にも、高次の存在たちは私たちを温かく見守っています。

 

あなたが人の見えないところで努力する姿、

 

あなたが人の見えないところで送る愛。

 

3次元の世界に生きているからこそ、それらはすべて『形』に変化します。

 

ポジティブな『形』が欲しいなら、自分の生き方を直すだけです。

 

そうすれば、人の所有するものには興味がなくなり、自分の力で好きな『形』を引き寄せられます。

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

19日

衣替え

0 コメント

2017年

3月

18日

のびのび生きよう

 

エネルギーの変化を感じませんか?

 

明後日は春分の日、新しいスタートがきれそうですね♪

 

私の教室にも、今までにないエネルギーがぞくぞくとパワフルに来ています。

 

 

1週間程前から、私は自分の前世に関わるセルフワークをイエス・キリスト、サナトクマラ、大天使ラジエルのサポートを借りて行ってきました。

 

自分の中でずっと疑問だったことの究極の気づきをやっと得て、その内容に納得し、泣く、泣く、泣く、また泣く、また気づき、素晴らしい癒しが起こりました。

 

そこから毎日のように、カルマに関するガイダンスがくるようになって、深い癒しが起こる度、感謝、落とし込んで納得、完全解放を繰り返しています。

 

癒しが進み、特に昨晩は高次元の来訪が凄かったですね。

 

ドラゴンは床や空間をぎゅうぎゅうに、でも優雅に、楽しく泳いでいて、至近距離でピカッと稲妻のように光ったり、急に眩しくなったり。

 

さんざん泣いて解放した後、天使の羽が空中から落ちてきて、顔半分を羽毛の柔らかでフワフワの羽先で撫でられ、嬉しくなってまた泣く(笑)

 

 

 

このような霊的体験は、なにも私だけが特別だからじゃないのです。

 

多くの人は、自分と他人を全くの別物と捉え、自分と他人を区別します。

 

確かに、3次元の視点で見た時は、個々の魂の個性、前世から持ち越している課題、今世での生活環境、今回の課題を共有するに相応しい魂たちと家族になって、霊的段階にも個人差はあります。

 

ましてや、私たちがいる地球には社会通念上のルールが存在し、肉体を持ってからの教育というものはジャッジされる環境でしたから、ある意味『他人』と思うことは当たり前の感覚といえます。

 

大人になってからも、競争や比較、判断を強いられる環境にいる魂にとって、霊的能力を必要としない為その能力は活性化しません。

 

ただ、時折、虫の知らせのような直感や勘は誰もが備えています。

 

 

スピリチュアルの視点で見れば、私たちは皆家族なのです。

 

血のつながりはなくとも、創造主から生まれた子供たちなのです。

 

現在の家族、現在の仕事、人間関係を通してたくさん学びにきました。

 

あなたがたくさん練習を積んだことは、いずれ満足のいく結果を掴めます。

ですから、ずっとあなたが継続できる好きなことに打ち込んでください。

 

私たちは自分が望む環境にいてこそ、本来の能力を発揮し輝くのです。

 

自分が望まない環境にいると気づいた時点で、環境を変えるしかありません。

 

自分を活かせていないと感じる環境にいる人は、丸ごと環境を一新することを勧めます。そこに長くいても、あなたの能力は認められないとか、そもそも動機が不純だったのかもしれないし、自分の適性に向かないことをやり続けている可能性が高いのです。

 

でも、今いる職場の経験は、いずれ100%、確実に、役立つ時が来ます。

 

本来自分に備わっている素晴らしさに気づいて、それを磨き、その姿で生きましょう。

 

 

やらない人は一生やりませんが、やる人はすぐやります。

 

その違いは大きいです。

 

気づきましょう!

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

15日

強さとは

 

『強さ』と聞いて、嫌悪感を示す人もいるかもしれませんが、自分のビジネスを起業する人や指導者、責任のある立場になる人には、私は必要な要素だと思っています。

 

なぜなら、私が思うスピリチュアルの世界での『強さ』とは、

安定感と安全性を意味し、愛があるからこそ強くなることができるからです。

 

決して暴力や権力の乱用のことではないからです。

 

そして、戦う相手、競う相手は、いつも『自分』なのです。

 

その矛先を間違えてはなりません。

 

この矛先を間違えると、不要な衝突を招いて傷つけ合い、疲弊します。

 

 

逆に、『弱さ』とは、不安定で不完全、隠れるとかすぐ逃げ出すこと、本来の自分にまだ気づいていないことだと私は思っています。

 

私は19歳の時、新規オープンの居酒屋の求人を見て友人と面接に行きました。

 

当時の企業では珍しいグループ面接を採用していて、そこに応募してきた学生たち、多分50人ぐらいはいたんじゃないかな、集まりました。

 

7、8人のグループに分かれて、メモ用紙に匿名で第一印象を書き合うといったゲームが行われました。

 

私の第一印象は『落ち着きがある』『頼り甲斐がありそう』『迫力がある』『姐御肌』『とっぽい』など、どう考えても強い印象の表現ばかりで、当時、自分のことをまだ知らずに生きていた私には、どれもひどいショックな言葉でした。

 

当時の私の定番ヘアスタイルは、おさげだったのに、です(笑)

 

しかも『とっぽい』の意味がわからなくて聞いたぐらいでしたから(笑)

 

十代からこのような類のことを言われていたので、自分は女の子なのに強く見られたり、怖い印象で見られることが当時は本当に嫌でした。

 

そして、このトラウマを機に、必ずといっていいほど最後になぜか人前に引っ張り出されるというか、本人の意思ではない、無駄に人目にさらされるような事態が起こるようになり、私は病的な赤面症になっていきました。

 

現在は、病的な範囲は克服できたと自覚しています(笑)

 

 

スピリチュアルの世界を知ってからは、唯一無二の、この機会をいただいた自分を、現世での自分の個性を、完全に受け入れ感謝しています。

 

自尊心が極端に引くかった私が、ここまで自分を愛せたのは、スピリチュアルの世界を理解したからに他なりません。

 

自分を磨くことは、昔も今も変わらず大好きです。

 

どうか強くみられることを気にする女性は、その自分の個性を認めてください。

 

強さとは、太陽のような温かい愛と勇気で人々を照らし、時に見守ることです。

 

今日落ち込んでも、太陽はいつだって、毎朝、あなたを照らしてくれます。

 

それは、これからもずっと、肉体を持つ限り、毎朝照らしてくれます。

 

安心して、あなたの中の闇を手渡し、

 

元気をいただいてください。

 

それをくりかえしているうちに、あなたは太陽と同化して、あなたの周りにはたくさんの人が集まってきます。

 

自分を大切にするように、相手のことも大切にしてください。

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

14日

花鳥風月

プロジェクションマッピング、ここまできました。

 

 

花、鳥、風、月を表す「花鳥風月」は、日本の自然の美しさを象徴する言葉であり、同時に自然の有する多様性や調和を示唆しています。かつて人々はその一員として、凛とした美しさ、霊的な生命の流れの中に身を置き、寄り添うように生きてきました。そこに日本が誇るべき美しい価値観、アイデンティティーが存在すると考え、そのあり方をエレクトリック・メイクアップアート作品として表現しました。今回、これまでのテクノロジーに加え、新たに再新鋭の4K/240Pプロジェクターを使用することにより、繊細な肌やメイクアップの質感、躍動感をどこまで表現できるかに挑戰しました。ー本文より抜粋ー

 

詳細はこちら

 

0 コメント

2017年

3月

13日

できちゃう

 

サイキック能力が活性化してくると、日常生活がワクワク楽しくなってきます。

 

そして、自分の才能も開花するので『できちゃう』ことが多くなってきます。

 

この『できちゃう』感覚はサイキック能力の『クレアコグニザンス』にあたります。

 

 

例えば、特技の1つもないとか、1つのことしかできなかった人がスピリチュアルの世界に踏み込むと、本当の自分がわかってきて才能が急速に開花します。

 

そうすると、自分では困難だと思っていたことが、なぜか容易に『できちゃう』のです。

 

 

しかもそれは、自分にとって最低限の負担で、気づけば一番理想的な形になっていたりします。

 

宇宙が差し出す大いなるギフトには毎度圧倒されます(笑)

 

大いなるギフトを受け取ると、必然的に感謝の気持ちや愛がブワ~っと湧き出して、

人間らしい、魂の目的に沿った生き方を探求したくなります。

 

スピリチュアルの世界を知ることは、物質世界で生きることを充実させるのに最も安全で、生涯に渡って確実に実りをもたらす取り組みなのです。

 

自分には才能がないと言う人がいますが、才能がない人間はこの世に一人もいません。

 

そのように感じる人は、おそらくあなたが理想とする才能と、あなたが実際に持っている才能との間に大きな隔たりがあるのです。

 

それは、自分をまだ知らず、自分を認めていないことに繋がります。

 

 

あなたの中に眠る過去の傷や、悲痛な経験で抑圧された感情を解放することで癒しが起こり、やっと腑に落ちます。

 

自分を癒せるのは、自分の外側にあるのではなく、自分の内側にすべてが眠っています。

 

知的で躍動感あふれる生き方を始めましょう♪

 

時間はこれからもどんどん加速していきます。

 

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

11日

基礎知識が必要

 

東日本大震災から今日で丸6年が経ちました。

 

黙祷を捧げます・・・・・・・

 

 

私が会社員を辞めようと決意した時でもありました。

 

今にして思えば、その選択は間違っていなかったと100%言えます。

 

なんの保証もない、たった一人きりで未来を創っていくことは、それまで会社に依存し、当たり前に生活していた私にとって、人生最大の自立の時でした。

 

その甲斐あって、会社員だったら絶対に気づけなかったこと、知ることもなかった貴重な体験をしました。

 

それは、現在も、これからもずっとそうだと思います。

 

 

知るはずもない初対面のクライアントの個人情報を、高次元と繋がることでクライアントにとって必要なことを伝えられるのは、私の場合、スピリチュアルの基礎をしっかり身につけ、今も忠実に大切にしているからだと思っています。

 

 

今の地球上には、とても素晴らしいエネルギーが宇宙からたくさんきています。

 

それはこれからも無限で、それによって地球に住む宇宙好きな人は、懐かしい宇宙のエネルギーと再び繋がって楽しい体験をします。

 

注意しなければならないのは、高次元のエネルギーであればあるほど、グラウンディングが必要です。

 

私たちのメインの生活は、あくまでも3次元の地球であって、宇宙ではないのです。

 

3次元の生活に支障が出るほど宇宙に舞い上がってしまっては、

 

元も子もありません。

 

宇宙に舞い上がったせいで、怖い思いや不快な思いをして、宇宙が怖くなってスピリチュアルの世界から遠ざかる人が多いのです。

 

グラウンディングやプロテクトの知識、重要性を知らずに、ただ高次元のアチューメントを受けてしまうと、

 

こうなります

 

足ぶら~んぶらんです(笑)

 

 

ちなみにこれ、

ラスベガスのストラトスフィアホテルのタワー頂上にあるアトラクションでして、

 

 

 

 

です。

 

 

15年ぐらい前に乗りましたが、私は高所恐怖症のため絶叫どころではなく、

白目むき出しで口から泡を吹きました。

 

タワーの頂上へ達した時に自動撮影されるしくみになっていて、地上に降りるとその写真が販売されていました(笑)

 

 

 

 

スピリチュアルの世界やエネルギーワークに従事する人は、グラウンディングとプロテクトを強化すると良いでしょう。

 

グラウンディングがしっかりできていないと、高次元とも安定して繋がりません。

 

ヒーラーのような仕事をしていない、一般的な仕事をしている人でも意識が低次元や低級霊と繋がってしまっている人が多いと感じます。

 

 

高波動の回路を持っているからこそ、グラウンディングも意識的に行い、

高次元と安定して繋がることでより明確にガイダンスを受け取ることが可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター