· 

安定、完璧を求めると不幸になる!?②

前回のブログの続きを書きたいと思います。

 

 

この世界は究極的にエネルギーの世界です。

 

エネルギーは絶えず動きがあって循環し、変化します。

 

地球には時間という概念があり1時間があって、1日があって、1週間があって、1年があって、季節があって、動植物も人間も種から大人へと成長・成熟します。

 

 

ですので、私たちは肉の衣を纏ったエネルギー体なのです。

 

意識は子供のままでも、肉体はどんどん変化していきます。

 

それは死に向かって生きているからです。

 

どんな人間もこれまで死は避けられませんでした。

 

 

今の日本、世界、地球、宇宙も循環があったから今が存在しています。

 

なので、

 

安定や完璧さを求めて生きることは、この地球での進化を否定する生き方といえるので、不調和や新たな課題が浮上しやすくなるということです。

 

 

なぜなら、滞ったエネルギーを動かす、解放する必要があるからです。

 

 

エネルギーが循環しない状態とはどんな状態かというと、

 

*不調や病気を招く

*お金に困ること

*対人面での葛藤(公私共)

*運が巡ってこない

*成果が上がらない

etc

 

 

これらすべて、または上記以上を求めて生きる人は、当然ながら動いて学ばない限り、何も身につかず、発展も進化も変容もないということです。

 

 

 

時代に逆らって生きる彼らの話は聞いても、すべてに助言を与えてはならない。

あなたが助言することで彼らは学ぶ機会を失い考えなくなる。

あなたが自分以外のカルマを増やし、想像以上に多くの時間と精神を疲弊させ、奔走することも知っておくといいだろう。

自ら手放しなさい。

 

自らの意思で、自らの足かせに気づいて、自らの足で立つことを始める人には必ず前向きと上向き(十字)のエネルギー場が形成され、やがてオーラフィールド全体に波及循環を始めるからわかるだろう(トーラス)。

 

この構造は、地球エネルギーの循環と同じ相似形(フラクタル構造)であるからエネルギーと物質を理解するといいだろう。

覚醒の証として、人の各チャクラにも初めは小さな十字のエネルギー場が形成されていき、覚醒の段階ごとにそれらが広がり、繋がり、全身網目状のトーラスが形成されていく。エネルギーが交差する部分はすべて0磁場となり、あなたがたのいう”パワースポット”である。

怖れは幻想とわかり、悲しみは愛に、苦しみは解放され、否定は受容へ、憎しみは許しへ、攻撃性は勇気へ、分離は協力へ、不安は安らぎへと変わる領域である。

 

イエス・キリスト

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00

不定休

完全予約制